当サイトの記事内にはアフィリエイト広告や商品プロモーションが含まれる場合があります。

ゲーミングマウス

【WAIZOWL OGM Cloud レビュー】Sensei形状にインスパイアを受けたゲーミングマウス

 

今回は【WAIZOWL OGM Cloud】をレビューしていきます。

 

  本記事の内容

  • スペック
  • パッケージ同梱物
  • WAIZOWL OGM Cloudの特徴
  • ソフトウェア
  • WAIZOWL OGM Cloudの持ち方と使用感
  • WAIZOWL OGM Cloud まとめ
  • WAIZOWL OGM Cloudはこんな人におすすめ

 

  本記事の執筆者

パトス(@youlife1024

  • パトログの管理人
    (FPSとゲーミングデバイスのメディア)
  • 根っからのFPSゲーマー
    (FPS歴10年↑)
  • ゲーミングデバイス好き
    (デバイス情報がご飯のお供)

本記事を書いている僕はFPS歴10年ほど(CSGO|PUBG|APEX|VALORANT)

僕自身がデバイス好きのFPSゲーマーなので、同じFPSゲーマー目線での悩みや疑問の解消を手助けできるはずです。

 

  パトスのマウスの好み

  • こだわり:全長118±1mm
    (手が小さめでも扱いやすいサイズ感)
  • 形状:左右対称でくびれている
    (グリップ時のフィット感が良き)
  • センサー:中央~ややフロント
    (親指と薬指でセンサー位置を意識しやすい)

 

Steelseries Senseiにインスパイアを受けた形状として発表された「WAIZOWL OGM Cloud」

 

WAIZOWL2作目のマウスですが、前作のOGM PROの懸念点であった重たい重量が見直しされ、逆に汚れが目立ちにくいコーティングなどはそのままにと高クオリティなマウスに仕上がっています。

 

この記事では、WAIZOWL OGM Cloudの特徴や僕が実際に使ってみての使用感などを詳しく解説していきますので最後までじっくりと読んでみてください。

 

それでは早速本題に移っていきます。

 

本記事はDeviceArmoury様からサンプルを提供いただき、レビューしています。

 

スペック

メーカー/ブランド WAIZOWL
製品名 WAIZOWL OGM Cloud
形状 左右対称
寸法
(長さx横幅x高さ)
126x62x38mm
重量 55±2g(公称値)
57g(実測値)
カラー展開 RED
ソール PTFEソール
(実測値:0.9mm)
接続ケーブル USB-A to USB-Cパラコードケーブル
ボタン 7
メインスイッチ Huano Blue shell Pink dot
MCU Nordic nRF52840
センサー PixArt PAW3395
IPS 650
最大DPI 26000
加速度 50G
最大ポーリングレート ※1000Hz
(※別売り4Kドングル使用で最大4000Hzに対応)
LOD 1mm/2mm
接続方式 USB-C(有線)
2.4GHz(無線)
Bluetooth(無線)
バッテリー容量 300mAh
連続動作時間 最大80時間(1K)
最大20時間(4K)
ソフトウェア
保証期間 1年間
価格(執筆時点) ¥14,980

 

目次へもどる

 

パッケージ同梱物

同梱物
マウス本体 x 1
レシーバー x 1
延長アダプター x 1
type-cケーブル x 1
交換用大面積マウスソール x 1set
専用グリップテープ x 1set
日本語付き取扱説明書

 

WAIZOWL OGM Cloudの特徴

  • 外観/形状
  • サイズ
  • 重量
  • スイッチ/ボタン
  • センサー
  • ソール
  • ケーブル
  • レシーバー
  • 4Kドングル

 

WAIZOWL OGM Cloudの特徴を一つずつ詳しく紹介していきます。

 

外観/形状

※センサー周りソールの保護シールはがし忘れています。

 

Steelseries Senseiからインスパイアを受けており、前部が低く、後部が広がった形状になっています。

 

サイドにはおそらく崩して書かれた漢字の"雲"が印字されています。

 

また表面にはFeatherコーティング2代目が施されており、汗に強く滑りづらい仕様となっています。

 

実際に汚れがついても以下の程度(ライトで照射して撮影)しかつかず、全く気にならない程度でした。

 

 

サイズ

長さ 126m
横幅 ‎68mm
高さ 38mm
グリップ幅 57mm

 

中型~大型に分類されるサイズ感です。

 

僕のような手の長さが170mm、横幅80mmだと大きく感じるサイズ感です。
パトス

 

  Ninjutso Soraとのサイズ比較

 

  VAXEE XE Wirelessとのサイズ比較

 

  LAMZU Atlantisとのサイズ比較

 

Senseiとの比較は僕自身がSenseiを持っていないためできておりません。
パトス

 

重量

公称値 55±2g
実測値 57g

 

比較的大きいサイズ感にもかかわらず、穴抜きなしで55+2gほどの軽量化が施されています。

 

比較として挙げたXE Wirelessの重量が67.5gということを考えるとOGM Cloudがどれだけ軽いかがわかりますよね。

 

目次へもどる

 

スイッチ/ボタン

  • メインスイッチ
  • ホイール
  • サイドボタン
  • DPIボタン
  • PRボタン

 

各種スイッチ、ボタンを説明していきます。

 

  メインスイッチ

 

メインスイッチはセパレート型となっています。

 

クリスピーな押し心地で歯切れも良好なスイッチです。

 

奥側から手前側にかけて押し心地が硬くなるため、浅めに持つとクリック感が硬くなります。

 

  ホイール

 

静音性が高く、適度なノッチ感が回しやすいスクロールホイールです。

 

勢いよく回した際の動作音もとても静かで、動作音を気にする心配はありません。

 

ホイールの押し込みは多少前後に滑りやすいですが、適切な硬さに設定されているので押しやすいです。

 

  サイドボタン

 

マウス本体から少し飛び出たサイドボタンです。

 

マウスのグリップ位置のちょうど真上にあるため、持ち方に支障をきたさずに押すことが可能です。

 

奥側のサイドボタンだけシェル内部での反響音が発生し、比較的動作音は大きめです。

 

  DPIボタン

  • 400(レッド
  • 800(グリーン
  • 1600(ブルー
  • 3200(パープル
  • 6400(ライトブルー
  • 10000(イエロー
  • 20000(ホワイト)

上記はDPIステージの初期値となっており、7段階で設定できます。

 

マウス本体からは裏面のDPIボタンを押すことでDPIを変更することができます。

 

またDPIボタンは電源ボタンの機能も兼ね備えており、長押しすることで電源のON/OFFを行います。

 

  PRボタン

  • 125Hz(レッド
  • 250HZ(グリーン
  • 500Hz(ブルー
  • 1000Hz(パープル
  • 2000Hz(ライトブルー
  • 4000Hz(イエロー

 

PRボタンを押すことで125、250、500、とポーリングレートを段階ごとに変更できます。

 

センサー

※センサー周りソールの保護シールはがし忘れています。

センサー PixArt PAW3395
IPS 650
最大DPI 26000
最大ポーリングレート ※1000Hz
(※別売り4Kドングル使用で最大4000Hzに対応)
加速度 50G

※センサー位置は目安になります。

 

Pixart社の3395センサーが搭載されており、センサーはフロント寄りです。

 

ソール

 

初期ソールは乳白色の4点ソールが貼られています。

 

エッジはしっかり丸められていて引っかかりがなく、滑りは良好です。

 

ソールの厚さは実測値で0.9mm(保護シールをはがすと0.8mmぐらいかも?)でした。

 

初期は4点ソール、付属で大判ソールとユーザーの好みで使い分けができるのはとてもありがたい。

 

 

ケーブル

 

柔軟性のあるパラコードUSB-Cケーブルです。

 

例えるなら靴紐みたいな感じです。

 

最近の充電ケーブルには当たり前となってきている収納バンドはついていません。

 

そのためコードをまとめるときはちょっとめんどうに感じます。

 

接続端子はUSB-A to USB-C端子で、多くのゲーミングマウスをはじめとし、様々な機器と互換性のある端子です。

 

 

レシーバー

 

一般的なゲーミングマウスに付属する1Kレシーバーです。

 

こちらを使用することもできますが、4Kで使うためには後述する4Kドングル(別売り)が必要です。

 

4Kドングル

 

WAIZOWLのOGM PRO、OGM Cloudを4K接続させるための4Kドングルです。

 

この4Kドングル1台でWAIZOWLのマウス複数と接続可能になります。

 

ペアリング方法は以下の手順で行います。

 

4Kドングルペアリング方法

  • マウスの電源をONにする
  • 左クリック、ホイール、右クリックを同時に長押し
  • 裏面のPRライトが点滅するのを確認
  • 4KドングルをPCと接続

 

付属ケーブルは芯が残っていて比較的硬めになるため、置く場所によっては4Kドングルがデスクから浮いてしまうことがあります。

 

 

ただしドングルの裏面にはしっかり滑り止め加工がされているので、デスクから落ちてしまう心配がありません。

 

 

また接続時に光る色によって、今何Hzになっているかを判断することができます。

 

1K接続

4K接続

 

 

目次へもどる

 

ソフトウェア

 

WAIZOWL OGM Cloudのソフトウェアは下記のリンクからダウンロードすることができます。

 

【ダウンロード】WAIZOWL OGM CLOUD マウスソフトウェア

 

ソフトウェアでは下記の項目を細かく設定することができます。

 

  • マウスボタン
  • マウスDPI
  • マクロ
  • 設定
  • システム

 

それぞれ説明していきますね。

 

※バージョンによって画面の表示内容が異なる場合があります

 

マウスボタン

 

マウスのボタンに任意のキーを割り振ることができます。

 

マウスDPI

 

各DPIステージに対応するDPI値の設定ができます。

 

DPIステージはソフトウェアを使わずともマウスのDPIボタンを押すことでいつでも変更できます。

 

マクロ

 

設定

 

マウス自体の機能を設定/調整することができます。

 

システム

 

 

目次へもどる

 

WAIZOWL OGM Cloudの持ち方と使用感

 

  パトスの手の大きさと持ち方

手の大きさ:長さ170mm|幅80mm

持ち方:かぶせ寄りのつかみ持ち

 





  相性:△

  相性:◎

  相性:✕


 

前部が低く、後部が広がった左右対称形状です。

 

ほどよいくびれはグリップ時にフィット感をもたらし、丸く広がったお尻の部分は操作の安定感につながります。

 

そのためマウスに親指のつけ根や手の平を当てて固定する持ち方との相性が良く、特につかみ持ちとの相性が秀でています。

 

サイズ感は中型~大型に分類され、僕のような手の小さい人の場合だと細かい操作がしづらく感じる反面、安定性の向上は見込めます。

 

ただしこのサイズ感でありながら重量が55±2gに抑えられているのはありがたいポイントですね。

 

もしもOGM Cloud miniという一回り小さいサイズが登場すれば全僕が喜びます。
パトス

 

WAIZOWLのマウスで忘れてはいけないのがコーティングです。

 

Featherコーティング2代目という、サラサラとした手触りでありながら汚れが目立ちづらく、滑りづらいという優秀なコーティングが施されています。

 

その他スイッチやホイール周りなど気になる点がないほど良好なため、使っていて気持ちのいいマウスとも言えます。

 

目次へもどる

 

WAIZOWL OGM Cloud まとめ

 

WAIZOWL OGM Cloudをまとめると以下のとおりです。

 

総合評価 (4.0)

メリット

  • 現代版にアップデートされたSensei形状
  • 汗に強く滑りづらいFeatherコーティング2代目
  • サイズ感に対しての軽い重量
  • クリスピーな押し心地で歯切れも良好なスイッチ
  • 十分な厚みがある初期ソール
  • 日本語に対応しているソフトウェアや説明書

デメリット

  • 手の小さい人には不向き
  • つまみ持ち以外との相性があまりよくない
  • カラーバリエーションが少ない

 

目次へもどる

 

WAIZOWL OGM Cloudはこんな人におすすめ

  • Sensei形状が好み
  • 比較的大きめのマウスを使う
  • つかみ持ち
  • ボタンの押し心地やクリック感の気持ち良さを感じたい
  • 手が滑らず、しっかりとマウスをグリップしたい
  • マウスの汚れを抑えたい

 

今回は【WAIZOWL OGM Cloud】をレビューさせていただきました。

 

現代版にアップデートされたSensei形状のため、Senseiをこよなく愛するユーザーからしてみれば待望のマウスと言えるでしょう。

 

Senseiを使ったことがないユーザーでも、ひょうたん型の形状が好みの場合は選択肢となり得ます。

 

WAIZOWLのマウスは前作のOGM PROとOGM Cloudの2種展開ですが、どちらも非常にクオリティの高い作りに仕上がっている印象です。

 

個人的にはFeatherコーティングが本当に優秀で全てのマウスに導入されてほしいと感じるほどのコーティングです。

 

このコーティングだけを目当てに選んでもいいと思えるほど!
パトス

 

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

 

この記事が、WAIZOWL OGM Cloudを気になっている方や購入を迷っている方の参考になれば幸いです。

 

以上、パトス(@youlife1024)でした。

 

目次へもどる

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

パトス

実体験から得た知識をもとに画像メインでわかりやすさを重視したFPS・レビューブログ

主にPCでFPSをやるゲーマー、これからPCでFPSをやりたいゲーマーに向けて役立つ情報発信を心がけて運営しています。

筆者の使用デバイスについてはパトスのデバイス環境をチェックしてみてください。

レビュー記事執筆のご依頼等はお問い合わせからお願いします。

-ゲーミングマウス
-, , ,

© 2024 パトログ