ゲーミングマウスパッド レビュー

【ARTISAN NINJA FX 雷電 (ライデン) レビュー】弱点が見当たらない理想的なマウスパッド

ARTISAN raiden_レビュー

今回はARTISAN 雷電をレビューしていきます!
パトス

  本記事の内容

  • そもそもARTISAN 雷電とは?
  • 購入した経緯
  • 実際に開封
  • カタログスペック
  • ARTISAN 雷電の特徴
  • ARTISAN 雷電 XSOFTの使用感
  • ARTISAN 雷電 MIDの使用感
  • マウスソールとの相性
  • ARTISAN 雷電の良い点、惜しい点
この記事を書いている僕はFPS歴9年ほど(CSGO→PUBG→APEX→VALORANT)
僕自身がゲーマーなので、同じゲーマーの悩みや疑問の解消を手助けできるはずです。
パトス

 

今回は【ARTISAN 雷電】をレビューしていきます。

雷電は布製マウスパッドの中ではトップクラスの滑らかで軽快な滑りを実現しています。

止め性能がほしければ中間層の硬度はXSOFT、滑りやすさを特化させたいなら中間層の硬度をMIDにするといった自分の好みに合わせて選択することが可能。

 

この記事ではそんなARTISAN 雷電の特徴や実際に筆者が感じた使用感などを詳しく解説していきますので最後までじっくりと読んでみてください。

それでは早速本題に移っていきますね。

 

そもそもARTISAN 雷電とは?

ARTISAN raidenとは

細い糸で密に編み上げた生地により布製とは思えない速い滑りを実現。そして滑らかな滑り。

引用元:ARTISAN

とても滑らかな手触りで軽快な滑り。

XSOFT、MIDの硬度を使い分けることによってトラッキングからマイクロフリックまで対応できる優秀なマウスパッドです。

 

購入した経緯

購入した経緯

一時期ZETA DIVISIONのLaz選手が使用していたことで興味を持ち、MIDのレビューはあるがXSOFTのレビューがないことに気づき自分で試してみようという結論になり購入に至りました。
パトス

 

実際に開封

ARTISAN raiden_開封

ARTISAN raiden_同梱物

同梱物
NINJA FX ライデン x 1
フラットなパッケージのため巻き癖が付くことがありません。
パトス

 

カタログスペック

ARTISAN raiden_スペック

メーカー / ブランド ‎ARTISAN
製品名 NINJA FX ライデン
サーフェス ハイゲージトリコット編み生地 (ポリエステル)
ベース 吸盤構造ラバー
硬度 ・XSOFT
・MID
寸法(幅 x 奥行 x 厚さ) ・M:310 x 240 x 4 (mm)
・L:420 x 330 x 4 (mm)
・XL:490 x 420 x 4 (mm)
※MIDの厚さは3mm
カラー展開 コーヒーブラウン
価格 ・M:¥ 3,410
・L:¥ 4,180
・XL:¥ 5,280
自分の好みに合わせたサイズと中間層の硬さを選べるのが良いですね。
パトス

 

ARTISAN 雷電の特徴

ARTISAN raiden_特徴

  • 外観
  • サイズ
  • 巻き癖
  • 滑走面
  • エッジ
  • 底面

上記のARTISAN 雷電の特徴を一つずつ紹介していきますね。

 

外観

ARTISAN raiden_製品画像

画像のように光の当たり方によってはブラックに見えますが、実際のカラーは珍しいコーヒーブラウン。

右下にARTISANのロゴがありますがロゴ上でも滑りに変化はないためマウス操作に影響を及ぼすことはありません。

 

サイズ

ARTISAN raiden_サイズ

  • M:310 x 240 x 4 (mm)
  • L:420 x 330 x 4 (mm)
  • XL:490 x 420 x 4 (mm)

ローセンシ ~ ハイセンシプレイヤーまで自由度の高いサイズ選択が可能。

 

  厚さ

ARTISAN raiden XSOFT_厚さ

厚さはXSOFTが4mm、MIDが3mm。

XSOFTは中間層の沈み込みがあり、MIDは沈み込みがほぼありません。

 

巻き癖

 

フラットパッケージのため巻き癖が一切ありません。

 

滑走面

 

非常に細かく編まれているため手触りがよく、スムーズで快適なマウス操作が可能。

滑走面はサラサラしていて縦横の操作感に違いはありません。

 

  XSOFT

滑りやすさ ‎◎
止めやすさ
手触り サラサラ ~ シルキー
タイプ バランス ~ スピード

中間層の沈み込みを利用し、スムーズな滑りと正確な止めを両立。

 

  MID

滑りやすさ ‎◎
止めやすさ
手触り サラサラ ~ シルキー
タイプ スピード

中間層の沈み込みがなく、トラッキングの安定性が向上。

 

エッジ

ARTISAN raiden_エッジ

滑走面との段差がほぼないステッチ加工が施されています。

耐久性向上とエッジ付近でも引っかかりのない快適なマウス操作が見込めます。

 

底面

ARTISAN raiden_底面

ARTISANの滑り止めは吸盤構造ラバーとなっており硬度によってグリップ性能が違います。

結論からお伝えするとXSOFTはグリップ性能が高く、MIDはグリップ性能が低いです。

XSOFTの滑り止めはデスクに吸着し、激しいマウス操作時でも一切ズレることがありません。

かえってMIDの滑り止めはデスクへ吸着せず、激しいマウス操作時にはマウスパッドのズレが生じます。

 

ARTISAN 雷電 XSOFTの使用感

ARTISAN raiden_XSOFT_使用感

  • 軽快な滑り出しと快適な滑走感、なおかつ止まる
  • アームカバーとの相性が良い
  • 滑り止め性能が非常に高い
  • クッション性が高いため手首や腕の負担軽減になる

上記の筆者が感じたARTISAN 雷電 XSOFTの使用感を一つずつ解説していきますね。

 

軽快な滑り出しと快適な滑走感、なおかつ止まる

雷電の特徴である軽快な滑りを維持しつつ、止めたいところでもしっかり止められます。

 

アームカバーとの相性が良い

凹凸感のないサラサラな滑走面のためアームカバー着用時に腕が引っかかることがありません。

 

滑り止め性能が非常に高い

柔軟性が高いマウスパッドとなっていることで裏面の滑り止めがしっかりとデスクに張り付き固定されます。

激しいマウス操作時でも一切ズレることがありません。

 

クッション性が高いため手首や腕の負担軽減になる

中間層がとても柔らかくクッション性が高いため手首や腕への負担が軽減されます。

 

ARTISAN 雷電 MIDの使用感

ARTISAN raiden_MID_使用感

  • 布製マウスパッドの中ではトップクラスの滑り
  • 滑走中の安定感が高く、トラッキングや切り返しとの相性が良い
  • 頭一個分のような正確なエイムが求められるゲームには不向き
  • アームカバーとの相性が良い
  • 滑り止め性能が非常に低い
  • クッション性が低いため長時間ゲームをしていると手首や腕が痛くなる可能性あり

上記の筆者が感じたARTISAN 雷電 MIDの使用感を一つずつ解説していきますね。

 

布製マウスパッドの中ではトップクラスの滑り

布製マウスパッドの中ではトップクラスに初動の滑り出しや滑走速度が速いです。

ガラス製マウスパッドに引けを取らないほどの滑りと言っても過言ではありません。

 

滑走中の安定感が高く、トラッキングや切り返しとの相性が良い

厚さが3mmに加えて中間層が硬くマウスの沈み込みが発生しないため安定したマウス操作やスムーズな切り返しが可能。

 

頭一個分のような正確なエイムが求められるゲームには不向き

APEXのような敵を追い続けるエイムが必要なゲームとの相性は良いですが、VALORANTのような正確に頭を狙うようなゲームとの相性はあまり良くありませんでした。

 

アームカバーとの相性が良い

凹凸感のないサラサラな滑走面のためアームカバー着用時に腕が引っかかることがありません。

 

滑り止め性能が非常に低い

中間層が硬く柔軟性が低いためか裏面の滑り止めがデスクに張り付かずに固定されません。

そのため激しいマウス操作時にはマウスパッドが頻繁にズレてしまいます。

 

クッション性が低いため長時間ゲームをしていると手首や腕が痛くなる可能性あり

中間層が硬くクッション性が低いためほぼデスク上に腕を直置きしているのと同じ感覚です。

実際に長時間ゲームをプレイしていると中間層が柔らかいマウスパッドに比べて手首や腕への負担が大きいと感じました。

 

マウスソールとの相性

マウスソールとの相性

マウスソールとマウスパッドの相性は大きくエイムに影響します。

ARTISAN 雷電はXSOFTの場合は厚さが4mm、MIDの場合は厚さが3mmとなっています。

XSOFTは中間層が柔らかく沈み込みも発生するためソールの厚さや適切なエッジ処理が施されているかが重要です。

逆にMIDは中間層が硬く指でかなり強く押し込まないと沈み込みが発生しないためソールのエッジ処理や厚さにそこまで神経質にならなくても問題はありません。

ただしマウスパッド全般で快適な操作性を求める場合はエッジがしっかり丸められていて厚さ0.8mmのソールを推奨します。

 

ちなみにサードパーティ製の純PTFEマウスソールについては【EsportsTiger ICE レビュー】滑走速度に優れた純PTFEソール

ガラス製マウスソールのSuperglideについては【Pulsar Superglide レビュー】強化ガラスの超低摩擦マウスソールで詳しく解説していますので気になる方はチェックしてみてください!

 

ARTISAN 雷電の良い点、惜しい点

メリット、デメリット

さきほどお話しした使用感などから実際に筆者が感じたARTISAN 雷電の良い点と惜しい点を紹介します。

ARTISAN 雷電の良い点

  • 布製トップクラスの滑らかで軽快な滑り
  • 凹凸感のないサラサラな滑走面
  • アームカバーが引っかからない
  • 自分の好みに合わせて中間層の硬度を選択できる

ARTISAN 雷電の惜しい点

  • MIDの滑り止め性能が非常に低い

こんな感じですね。

 

まとめ

ARTISAN raiden_レビュー

今回は【ARTISAN 雷電】をレビューさせていただきました。

 

軽快な滑りで硬度によって止めやすさを加えるかスピード特化にするかを選ぶことができ、凹凸感のない滑走面が安定したマウス操作を可能にしてくれます。

まさに非の打ち所がないマウスパッドと言っても過言ではありません。

 

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

ARTISAN 雷電が気になっている方や購入を迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

パトス

【PCでFPSをやる知識や情報を発信】

主にPCでFPSをやるゲーマー、これからPCでFPSをやりたいゲーマーに向けて役立つ情報発信を心がけて運営しています。

筆者の使用デバイスについてはパトスのデバイス環境をチェックしてみてください。

レビュー記事執筆のご依頼等はこちらからお願いします。

-ゲーミングマウスパッド, レビュー
-

© 2023 パトログ