ゲーミングモニター

ゲーミングモニターに最適な解像度とは?ゲーマー使用率1位はこれ!

 

ゲーミングモニターの解像度について知りたい!解像度にはどんな種類があるの?教えてほしい!
パトス

 

今日はこんな悩みを解決します。

 

  本記事の内容

  • ゲーミングモニターの解像度とは?
  • ゲーミングモニターの解像度が上がることのメリット・デメリット
  • ゲーマーの解像度でフルHDが多い理由
  • ゲーミングモニターに4K解像度は不向き?

 

この記事を書いている僕は、FPS歴8年ほど(CSGO→PUBG→APEX)
僕自身がゲーマーなので、同じゲーマーの悩みや疑問の解消を手助けできるはずです。
パトス

 

今回は、ゲーミングモニターの解像度について解説します。

 

解像度が上がれば、必ずしも画質が良くなるわけではありませんよ。

 

またゲーミングモニターのサイズにあった解像度を選ばないと視認性が悪くなることもあります。

 

高画質でゲームを楽しむためには、最適な解像度を選ぶ必要があるんです。

 

前置きはこの辺にして早速解説していきますね。

 

ゲーミングモニターの解像度とは?

ゲーミングモニターの解像度とは?

 

解像度とは、モニター画面に表示されるドットの数のこと。

 

【横のドット数×縦のドット数】とされ、現在主流なのは下記の3つです。

 

  • FullHD(1920×1080)
  • WQHD(2560×1440)
  • 4K(3840×2160)

 

ゲーミングモニターの代表的な解像度の表記方法

名称 〇〇×〇〇 p表記 短縮名
Full HD 1920×1080 1080p FHD
Wide Quad HD 2560×1440 1440p WQHD
Ultra HD(4K) 3860×2160 2160p UHD

 

上記のような表記方法があります。

 

p表記は縦のドット数を意味しており、数字が大きいほど画質がキレイになるということ。

 

YouTubeの画質設定でよく見かけるよね。
パトス

 

ゲーミングモニターのサイズと解像度の関係性

高い解像度のモニターを選んだからといって、必ずしも映像がキレイになるとは限りません。

 

現在主流のフルHD(1920×1080)解像度でゲームをやる場合、24インチのモニターが最適といえるでしょう。

 

また、4K(3860×2160)解像度の場合は30インチ以上のモニターが最適となるので、ゲーミングモニターだとかなりハードルが高くなってしまいますね。

 

その反面、テレビは自然とサイズが30インチを越えるものが多いから4Kが適しているんだよね。
パトス

 

ゲームジャンルごとに最適な解像度は変わる

どのゲームジャンルでもフルHD解像度が無難ですが、その中でもRPGやMMOでは高い解像度のほうが、より迫力のあるゲームの映像美を体感することができます。

 

逆にFPSなどは高すぎる解像度でプレイしてしまうと、安定したフレームレートを維持することが難しくなり、ゲームの勝ち負けに影響を与えてしまいます。

 

自分の遊んでいるゲームジャンルと照らし合わせて、最適な解像度を選びましょう。

 

ゲーミングモニターの解像度が上がることのメリット・デメリット

ゲーミングモニターの解像度が上がることのメリット・デメリット

 

ゲーミングモニターの解像度をあげると、メリットもありますが同時にデメリットも存在します。

 

  ゲーミングモニターの解像度が上がることのメリット

  • 画質がキレイになる
  • 1枚のモニターでも画面が大きくなるため、作業効率が上がる

 

  ゲーミングモニターの解像度が上がることのデメリット

  • 文字が小さくなる
  • PCへの負荷が大きくなる

 

スペックの高くないPCを使っている場合、解像度の高いモニターの処理だけで手一杯になり、ゲームどころではなくなってしまう可能性があるね。
パトス

 

ゲーマーの解像度でフルHDが多い理由

ゲーマーの解像度でフルHDが多い理由

 

ゲーマが愛用するゲーミングモニターにフルHDが多い理由は下記の通りです。

 

値段が安い

要求スペックが高くない

FPSやアクションゲームでフルHD以上の解像度は不利になる

 

詳しく解説していきますね。

 

値段が安い

現在主流なフルHDゲーミングモニターの値段は、安いものだと1万円以下のモニターが存在します。

 

はじめてゲーミングモニターを購入する人や、これからゲームをはじめるためにデバイスを購入する人にとって手が出しやすい値段ですよね。

 

要求スペックが高くない

高い解像度になるほど、映像処理に高いPCスペックが要求されます。

 

ですがフルHDは、スペックがあまり高くないPCでもキレイな画質でゲームを楽しむことができます。

 

普通にゲームを楽しむのであれば、フルHDで十分といえますね。

 

FPSやアクションゲームでフルHD以上の解像度は不利になる

FPSのプロゲーマーのほとんどがフルHD解像度でプレイしています。

 

なぜなら、フルHD以上の解像度になるとフレームレートが安定しなくなるからです。

 

このフレームレートの低下がゲームパフォーマンスの低下を招くため、一瞬の判断が命取りとなるFPSで不利になるのです。

 

高い解像度にしたからといって、勝てるわけじゃないんだね。
パトス

 

ゲーミングモニターに4K解像度は不向き?

ゲーミングモニターに4K解像度は不向き?

 

結論からいうと、今のところは不向きです。

 

理由は、下記の通りです。

 

4Kの性能を発揮するには大きいサイズのモニターが必要

導入ハードルが高い

 

4Kの性能を発揮するには大きいサイズのモニターが必要

4Kの性能を発揮するには、解像度との関係から大きいサイズのモニターが必要になります。

 

テレビのようなサイズ感が必要になるので、ゲーミングモニターとしてデスクに設置するには無理がありますよね。

 

導入ハードルが高い

    • 高性能PCが必要
    • 環境構築が難しい
    • 4Kゲーミングモニターは値段が高い

 

こんな感じですね。

 

4Kの映像美を処理できる高い性能を持ったPCが必要な時点で、導入コストのハードが高いです。

 

また、それに加えて4Kのゲーミングモニターの値段もなかなか手が出しずらいお値段...

 

上記の条件を満たす環境の構築がいかに困難かわかると思います(笑)

 

まとめ:ゲーミングモニターの解像度に困ったらフルHDでOK!

 

今回は、ゲーミングモニターの解像度について解説してきました。

 

本記事の内容をまとめると、下記の通りです。

 

  • ゲーミングモニターの解像度におすすめなのはフルHD(1920×1080)
  • FPSに最適な解像度もフルHD(1920×1080)
  • 現状、ゲーミングモニターに4K解像度は不向き

 

こんな感じですね。

 

現在は、フルHD解像度が主流で問題なくゲームを楽しむことができますよ。

 

今後、主流な解像度がどう移り変わっていくのかが楽しみですね。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

パトス

【PCでFPSをやる知識や情報を発信】

主にPCでFPSをやるゲーマー、これからPCでFPSをやりたいゲーマーに向けて役立つ情報発信を心がけて運営しています。

筆者の使用デバイスについてはパトスのデバイス環境をチェックしてみてください。

-ゲーミングモニター
-

© 2022 パトログ