ゲーミングモニター

ゲーミングモニターのパネルは3種類!

 

ゲーミングモニターのパネルの種類って?パネルごとの特徴が知りたい!
パトス

 

今日は、こんな悩みを解決します。

 

  本記事の内容

  • ゲーミングモニターのパネルは3種類
  • TN・IPS・VAパネルの特徴と比較

 

この記事を書いている僕は、FPS歴8年ほど(CSGO→PUBG→APEX)
僕自身がゲーマーなので、同じゲーマーの悩みや疑問の解消を手助けできるはずです。
パトス

 

今回は、ゲーミングモニターのパネルの種類について、解説します。

 

実はパネルの種類によって、見え方や映像のキレイさが変わってきますよ。

 

また、FPSかRPG・MMOなどのゲームジャンルによって最適なパネルも変わります。

 

結論、ゲーミングモニターのパネルの種類は下記の3種類です。

 

TNパネル

IPSパネル

VAパネル

 

上記のパネルに関しては、本記事で詳しく解説しますね。
パトス

 

自分のやるゲームジャンルに合わせたパネルを選ぶためにも、パネルごとの特徴を知っておくべきでしょう。

 

それでは、前置きはこのぐらいにして早速解説していきますね。

 

ゲーミングモニターのパネルは3種類

ゲーミングモニターのパネルは3種類

 

ゲーミングモニターのパネルに多く使われているのは下記の3種類です。

 

TNパネル

IPSパネル

VAパネル

 

パネルごとの特徴を解説していきますね。

 

TNパネル

別名を「ねじれネマティック液晶」といわれ、ゲーミングモニターのパネルに最も多く使用されてますね。

 

また、生産技術が確立しているので他のパネル方式に比べて低コストで購入することができます。

 

応答速度が速く残像感や遅延が少ないので、動きの激しい映像を表示するゲームにピッタリといえるでしょう。

 

一方で視野角が狭く、見る角度によっては画面の色合いが変化してしまう「色度変異」が目立つので複数人で見るような場面には不向きなパネルですね。

 

FPSゲームをやるならTNパネルがいいね。
パトス

 

IPSパネル

視野角が最も広く、発色や色の再現性にすぐれているのが特徴ですね。

 

なので映像美を求めるRPGやMMOなどのゲームに適しています。

 

一方で、応答速度が遅く、コストが高いのでFPSには不向きといえますね。

 

ですが、オーバードライブ技術を搭載して、遅い応答速度をカバーしたIPSパネルのゲーミングモニターも存在します。

 

ゲーミングモニターの応答速度について詳しく知りたい方は、ゲーミングモニターの応答速度を解説!【FPSをやるなら〇ms】を参考にしてみてください。

 

映像がキレイになってもFPSで勝てる保証はないよね。
パトス

 

VAパネル

遮光性が非常に高いので「黒」の表現にすぐれ、高いコントラストな映像を表示することができます。

 

高いコントラストとは

明暗の差が大きく、ハッキリとした映像を表現できるということ。

 

ですが黒の表現がすぐれているため、FPSゲームにおいて索敵がしずらいことからゲーム用には不向き。

 

視野角は、TNパネルよりすぐれ、IPSパネルには劣り、TNパネルとIPSパネルの中間ポジションといえるでしょう。

 

VAパネルは、テレビのパネルとして多く使われているよ。
パトス

 

TN・IPS・VAパネルの特徴と比較

TN・IPS・VAパネルの特徴と比較

 

TN・IPS・VAパネルの特徴を比較して、下記にまとめてみました。

 

パネル 応答速度 コントラスト 色の再現性 視野角 コスト
TN
IPS
VA

 

上記の表になった理由を、各パネルごとにメリット・デメリットで解説していきますね。

 

TNパネルのメリット・デメリット

 

パネル メリット デメリット
TN
  • 応答速度が速く、遅延が少ない
  • コストが安くて、手に入れやすい
  • 高リフレッシュレートと相性が◎
  • コントラストや色の再現性には期待できない
  • 視野角が狭い

 

  TNパネルは、FPSのような動きの激しいゲームに最適!

 

FPSゲームなら応答速度が速く、高いリフレッシュレートが必要になってくるのでTNパネルがオススメですね。

 

しかも、比較的安く購入できるためゲーミングモニター初心者にも手が出しやすくなっています。

 

ゲーミングモニターの多くがTNパネルなので、選択肢が多いのもポイントだね。
パトス

 

IPSパネルのメリット・デメリット

 

パネル メリット デメリット
IPS
  • 色の再現性が良い
  • 視野角広い
  • 画質性能が◎
  • ※応答速度は速くない
  • TN、VAに比べてコストが高い

※IPSパネルでも応答速度が速いモデルも存在します

 

  IPSパネルは、MMOやRPGなど画質重視のゲームに最適!

 

画質を重視してゲームをやるならIPSパネルがオススメですね。

 

また、「HDR対応」のIPSパネルならよりキレイな映像を楽しむことができるでしょう。

 

その分、コストも比例して高くなっちゃうけどね。
パトス

 

VAパネルのメリット・デメリット

 

パネル メリット デメリット
VA
  • 高いコントラスト
  • 「黒」の表現がすぐれている
  • メリハリのきいた映像表示が◎
  • 応答速度が遅い
  • 残像感が出やすい
  • ゲームには不向き

 

  VAパネルは、動画閲覧に最適!

 

FPSならTNパネル、MMOやRPGならIPSパネルを選ぶため、ゲーム用としてVAパネルが使われることは少ないですね。

 

また、ゲーム用として販売されているVAパネルの種類も少ないので、わざわざゲーム用として購入しなくていいでしょう。

 

もしゲーミングモニターを購入するなら、最初から選択肢から外してもいいかもね。
パトス

 

まとめ:自分のやるゲームに最適なパネルを選ぼう

 

今回は、ゲーミングモニターのパネルの種類について解説してきました。

 

本記事の内容をまとめると、下記の通りです。

 

  • パネルは「TN」「IPS」「VA」の3種類
  • FPSやRPG・MMOなどのゲームジャンルによって最適なパネルは変わる
  • ゲーム用ならVAパネルは選択肢から除外してもいい

 

こんな感じですね。

 

もう一度おさらいしておくと

 

FPSならTNパネル

RPG・MMOならIPSパネル

 

と思ってもらって大丈夫ですよ。

 

ゲームジャンルにあったパネルを選んで、ゲームの良さを最大限引き出しちゃいましょう。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

パトス

【PCでFPSをやる知識や情報を発信】

主にPCでFPSをやるゲーマー、これからPCでFPSをやりたいゲーマーに向けて役立つ情報発信を心がけて運営しています。

筆者の使用デバイスについてはパトスのデバイス環境をチェックしてみてください。

-ゲーミングモニター
-, , ,

© 2022 パトログ